8665_2000

 

瑠璃光寺五重塔は、応永6年(1399)の応永の乱で命を落とした大内義弘の菩提を弔うために、
弟の盛見が建立を計画、嘉吉2年(1442)に完成したといわれている。

塔は、方三間で高さが31.2m、建築様式はおおむね和様式で一部に唐様式が見られ、
屋根は檜皮葺で、塔身部は上層部に向かって細くなっており、非常にすっきりとした印象。

室町時代中期におけるすぐれた建築の一つであるとともに、大内文化の最高傑作であり、
日本三名塔の一つにも数えられている。

 
 

瑠璃光寺五重塔
山口県山口市香山町7-1 香山公園内
Map

 
 

Recommend

Ranking